ホーム > ヤマハ英語グレードテスト

ヤマハ英語グレードテストどこまで伸びたかな? がわかる、独自の認定テスト ヤマハ英語グレードテスト

独自の認定テスト ヤマハ英語グレードテスト日々のレッスンの成果を試し、お子さまのモチベーションを高めていきます。10級から1級まで設定され、7級以上に関しては、項目(リスニング力、ボキャブラリー、ファンクション、グラマー、リーディング力)ごとの評価により英語力の伸びを実感でき、今後の学習に役立つアドバイスも受けられます。



ヤマハ英語グレードテストの認定書

認定書

1級取得者はTOEIC®のジュニア版であるTOEIC Bridge®にチャレンジしていただき、さらに次のステップとしてTOEIC®受験を目指していただけます。

ヤマハ英語グレードテストとTOEIC®、TOEIC Bridge®

よく知られている英語力テストにはTOEIC®と英検がありますが、ヤマハ英語グレードテストとTOEIC®はともに「コミュニケーション能力の育成」をめざすなど目標・方向性に共通点が多く、結果として問題傾向が類似しています。そこでヤマハ英語教室は、TOEIC®のジュニア版「TOEIC Bridge®」をヤマハ英語グレードテストの次のチャレンジ目標として位置づけ、ヤマハ英語グレードテスト1級取得者に対するテストとして、今後TOEIC Bridge®団体受験を実施していきます(年1回9月実施予定)。このことにより、英語を学ぶお子様の学習目標、成果がより明確なものになることでしょう。

ヤマハ英語グレードテスト



英語グレードテストと認定級について

テストAテストAにチャレンジ!

教室生の場合、「英語でコミュニケーション3」以上の方で、5級以上を保有される方が受験頂けます。

トピックス ガイドライン Study Guide発売中
テレビ・新聞
などの広い社会

身の回りの社会

学校生活

家庭生活
1級 家庭生活、学校生活から、テレビ、新聞など広い社会の話題まで、子どものnon‐nativeとして十分コミュニケーションができます。
2級 家庭生活、学校生活から身の回りの社会の話題まで、子どもの一般的な日常生活でコミュニケーションができます。
3級 家庭生活、学校生活から身の回りの社会の親しみのある話題でコミュニケーションができます。
4級 家庭生活、学校生活から身の回りの社会の親しみのある話題でのコミュニケーションの素地が育っています。

テストBテストBにチャレンジ!

教室生の場合、「英語でコミュニケーション3」以上の方が受験できます。

初めて受験される方や7、6級を保有される方が受験頂けます。

トピックス ガイドライン Study Guide発売中
学校生活

家庭生活
5級 家庭生活、学校生活、放課後などの場面でのコミュニケーションが正確にできます。
6級 家庭生活、学校生活、放課後などの場面での基本的なコミュニケーションができます。
7級 英語を聞き取ろうとする姿勢、対応しようとする姿勢が育っています。

テストC

テストCは、教室生の方だけが受験できます。

「小学3・4年英語基礎」と「英語でコミュニケーション2」になると8級を受験できます。

「小学1・2年英語基礎」と「英語でコミュニケーション1」になると9級を受験できます。

トピックス ガイドライン
レッスンでの学習内容をもとにした日常生活に必要な英語表現 8級 日常生活に必要な英語の文を聞き取り、対応する姿勢が育っています。英語の質問や指示に正しい英語で答えたり質問できます。
9級 テキストで出てきた言い回しを英語で聞き取り、理解し、反応することができます。身近な英語のことばが身について、質問に対し、正しい英語で答えることができます。


最近チェックしたレッスン会場

▲PAGE TOP
[an error occurred while processing this directive]