ヤマハ音楽教室

Yamaha Music Lesson

青春ポップス

ヤマハ音楽教室

Yamaha Music Lesson

青春ポップス

新型コロナウイルス感染防止への取り組み
~レッスンを想定した飛沫拡散実験中間報告~
新型コロナウイルス感染防止の取り組みの一環として、レッスンを想定した飛沫拡散実験を行い、科学的な検証を行いました。
その中間報告を以下の通り公開致します。

■概要
<日程>
2020年12月6日(日)
<場所>
新日本空調(株)
技術開発研究所 クリーンルーム(茅野市)
<監修>
信州大学教育学部教授 齊藤忠彦氏

■実験内容
「不織布マスク」等の飛沫防護具の種類の違い
「個人差」による飛沫拡散の違い
「会話」「歌詞唱」「ドレミ唱」の違い

― 方法 ―
高感度カメラを用いた、飛沫可視化による検証
微粒子計測器(パーティクルカウンター)を用いた、粒子計数による比較(距離・角度)

中間報告:飛沫可視化による検証

実験① 飛沫を防ぐ用具の違い

「不織布マスク」「マウスシールド」「フェイスシールド」の3種類を取り上げました。

  • ▼飛沫防護具なし

  • ▼不織布マスク

  • ▼マウスシールド

  • ▼フェイスシールド

― 結果 ―
本実験の可視化による検証では、飛沫を最も抑制することができるのは「不織布マスク」でした。
また「マウスシールド」も飛沫拡散は少なく、口元も見えることから、音楽レッスンでの使用に有効である可能性がみえました。

実験② 発声方法の違い

「会話(朗読)」「歌詞唱」「ドレミ唱」の違い

  • ▼飛沫防護具なし

  • ▼不織布マスク

  • ▼マウスシールド

  • ▼フェイスシールド

― 結果 ―
本実験の可視化による検証の範囲では、「歌唱」による飛沫拡散は「会話(朗読)」時と比較し少ないことがわかりました。

中間報告では、飛沫可視化実験により飛沫の飛ぶ様子を見ていただきました。計測機で計測された粒子計数による比較(距離・角度)の検証を踏まえた検証結果最終報告は、1月中旬頃本ページにて公開いたします。

ヤマハ音楽教室では、各省庁や自治体が公表しているガイドラインを基に独自のガイドラインを定め、これに沿って①マスク着用、②手洗い・手指の消毒、③ソーシャルディスタンス(最低1m)の確保、④レッスン室の換気等を徹底することで、お客様に安心してレッスンを受講いただけるよう感染拡大防止に努めています。