ホーム > ヤマハの特長

えいご耳で身につく、「話せる」英語

ヒトが言葉を習得するプロセスとして最も自然で、最も早い方法。それは、「みみ」から学ぶことです。だから、ヤマハ英語教室では、話せる英語を学ぶために、まず英語を聞ける耳「えいご耳」を育てます。

ヤマハ英語教室の特長

【特長1】リズムで育てる、えいご耳

英語は「リズム語」。そう言われるほど、アクセントの位置やイントネーションがはっきりした、特有のリズムを持っています。音にずっと携わってきたヤマハだから、英語のリズム感を育むオリジナルの教材で、楽しく、正しく「えいご耳」を育てていきます。

英語特有のリズムって?

【特長2】日本人講師で、しっかりと丁寧に育てる。

ヤマハの講師は、日本人。徹底された研修を経て、子どもたちへの英語指導法をマスターしたプロの講師たちです。

同じ日本人として、英語を学ぶ子どもたちの気持ちをよく理解した丁寧なレッスンをするのはもちろん、保護者の方のご相談にも親身になってお応えします。

【特長3】「伝えたい」を育てる、グループレッスン。

ヤマハのレッスンはすべてグループレッスン。同年齢の子どもたちで楽しく、たくさん学べます。

お互いに興味を持ち、刺激し合うことで、生きた英語に触れられ、コミュニケーションの道具としての「使える英語」を身につけていくのです。


【特長4】今しか伸ばせない力を育てる。それが、適期教育。

幼児期にはじめる教育では、お子さまの発達段階に応じた内容であることがとても大切です。だから、2歳児には2歳児のための英語を、3歳児には3歳児のための英語を教える。

30年近く子どもたちを育て続けてきた
ヤマハ英語教室だからこそできる、
お子さまの成長に合わせた指導法、
それが私たちならではの
「適期教育」です。

【特長5】一貫したカリキュラムで、正しい英語を、正しく育てる。

ヤマハの適期教育を支えるのは、低年齢児コースから児童コースまでの一貫したカリキュラム。
英語が話せるようになるために、成長に合わせてしっかり考えてつくられています。

そのときの年齢に合わせた入会コースと、ムリなく自然にステップアップしていける進級コースをご用意。英語の「聞く」「話す」「読む」「書く」を、一歩一歩上がるためのサポートをします。

コース一覧

えいご耳を育てると、将来「話せる英語」が身につく。

語学の壁を越えることができれば、世界はどんどん広がっていくものです。
ヤマハ英語教室で身につけた英語を武器に活躍する、在籍生・卒業生をご紹介します。


宮本 颯 さん

千葉県/在籍生/中学2年
宮本 颯 さん

日本語に置き換えずにそのまま頭に入ってくるので、11年間続けていて良かったと実感しています。ネイティブの人に「海外に住んでいたことがあるの?」と聞かれたこともあります。

駒牧 綾 さん

大分県/卒業生/大学職員
駒牧 綾 さん

学生も教員も約半数が外国籍という大学の学生課で勤務しているため、毎日の会話やメールで英語を求められます。多民族の環境で働いていると、もはや英語は世界の基礎学力だと感じます。


卒業生・生徒の声



最近チェックしたレッスン会場

▲PAGE TOP